2019年度 太陽系科学研究系 STPセミナー

■場所  :研究・管理棟 (A棟) 5F会議室1537 (変更の場合は赤字)
■時刻  :月頭火曜日 15:00-17:00
■連絡先 :齋藤研D1 滑川 拓 (namekawa [AT] stp.isas.jaxa.jp)
■備考  :発表時間は一人当たり45分程度

2019年度 太陽系科学研究系 宇宙プラズマセミナー

■場所  :研究・管理棟 (A棟) 5F会議室1537 (変更の場合は赤字)
■時刻  :月頭を除く毎週火曜日 16:30-18:30
■連絡先 :齋藤研D1 滑川 拓 (namekawa [AT] stp.isas.jaxa.jp)
■備考  :発表時間は一人当たり45分程度
履歴と予定
開催日時・場所 発表者 (所属・身分)
4/23(火) 15:00- 5F 会議室 自己紹介
江川 (M1)
4/30(火) お休み
5/7(火) 15:00- 5F 会議室 STP seminar
鳥海
5/14(火) 16:30- 5F 会議室 自己紹介
西野
5/21(火) 16:30- 4F 会議室 TBD
5/28(火) JpGUの為お休み
6/4(火) 15:00- 4F 会議室 STP seminar
TBD
6/11(火) 16:30- 5F 会議室 TBD
6/18(火) 16:30- 4F 会議室 TBD
6/25(火) 16:30- 5F 会議室 TBD
7/2(火) 15:00- 5F 会議室 STP seminar
TBD
7/9(火) 16:30- 5F 会議室 TBD
7/16(火) 16:30- 5F 会議室 TBD
7/23(火) 16:30- 4F 会議室 TBD
7/30(火) 16:30- 5F 会議室 TBD
8/6(火) お休み
8/13(火) お休み
8/20(火) お休み
8/27(火) 16:30- TBD TBD
9/3(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
9/10(火) 16:30- TBD TBD
9/17(火) 16:30- TBD TBD
9/24(火) 16:30- TBD TBD
10/1(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
10/8(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
10/15(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
10/22(火) お休み
10/29(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
11/5(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
11/12(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
11/19(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
11/26(火) 16:30- TBD 修論中間発表(仮)
TBD
12/3(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
12/10(火) AGUのためお休み
12/17(火) 16:30- TBD TBD
12/24(火) 16:30- TBD TBD
12/31(火) お休み
1/7(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
1/14(火) 16:30- TBD TBD
1/21(火) 16:30- TBD 修論発表練習
TBD
1/28(火) 16:30- TBD TBD
2/4(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
2/11(火) お休み
2/18(火) 16:30- TBD TBD
2/25(火) 16:30- TBD TBD
3/3(火) 15:00- TBD STP seminar
TBD
3/10(火) 16:30- TBD TBD
3/17(火) 16:30- TBD TBD
3/24(火) 16:30- TBD TBD



発表の概要
開催日時・場所 発表者 (所属・身分)
4/23(火) 15:00- 5F会議室 江川 (M1)
アパタイトによる月ハンレイ岩に対する制約と室戸岬ハンレイ岩との比較
概要: 月のマグマオーシャンからの分化では、カンラン石や輝石、長石が結晶化し、最後に結晶化するマグマは月で特徴的なKREEPと呼ばれる複数の不適合元素に富んだマグマと考えられている。また、マグマ中ではKREEPの他にH2Oも不適合元素として振る舞うので、もし月のマグマオーシャンがH2Oを有していたなら、KREEPに富む岩石は他の月岩石に比べてH2Oに富むと考えられる。本研究では月岩石や室戸岬ハンレイ岩の含水鉱物であるアパタイトの組成をEPMAによって分析し、比較した。その結果、月のハンレイ岩ではOHよりFに富むアパタイトが支配的であったが、H2Oを有している室戸岬ハンレイ岩でも同様な結果を得られたので、月のハンレイ岩を形成したマグマはH2Oを有していたと考えられる。また、KREEPに富む月岩石のアパタイトはOHよりもClに富むものが多く、月のハンレイ岩よりもH2Oが少ないことから、KREEPに富むこととH2Oに富むことは関係しないと考えられる。
5/7(火) 15:00- 5F会議室 鳥海
How to Create Flare-productive Sunspots?
概要: Solar flares, especially the strong ones, emanate from active regions including sunspots, where high magnetic non-potentiality resides in a wide variety of forms. In this talk, I will introduce some of our recent works on the flare-productive sunspots: (1) the statistical survey on flare-productive spots [Toriumi et al. 2017]; (2) the 3D MHD simulations of such flaring spots [Toriumi & Takasao 2017]; and (3) the flare loop modeling and reproduction of SXR light curves [Reep & Toriumi 2017]. I will start my talk from what I was doing as a student and then move to the introduction to the above three topics. I will also discuss relevant science targets of Solar-C_EUVST as well as potential collaborations with other missions.






最終更新日 2019.04.08 <編集: 星>